リラックスレンズ

メガネは度数設定が重要

レンズ度数設定の違い

 

メガネの命は、レンズをどのように度数設定をするかです

 

それを導き出す検査は、どこのお店で受けても同じではありません。

 

お店が志すところによって検査の読み解き方、合わせ方が異なります。

 

 

近くを見るストレス

 

 ストレスから身を守る リラックスレンズ (当店造語)

 

 パソコンや読み書きなど手元に用いるメガネレンズです。

 

 遠方視力の良い人はもちろんですが、近視の人も遠方用と使い分けて使用します。

 

 また、コンタクト装用している上からでもご利用いただいております。

 

 近年増えてきているレーシック手術を受けた人の健康維持にも効果的です。

 

<目的>

 

  •  近視の軽減(近視の進行を遅らせる)
  •  
  •  近方作業の疲労から起こる 肩こりや首こり・頭痛・眼精疲労や
  •                               
  •  疲れ目・ドライアイ・イライラ・精神的ストレスなど不定愁訴の軽減
  •  
  •  集中力、持続力など向上のため

 

 

 

人は2種類の筋肉を使い眼で物を見ます。

 

 

人間は、眼についてる2種類の筋肉が上手く連動することで、

 

「正確に早く楽に」情報を伝えることができます。

 

「調節筋」や「外眼筋」これらの筋肉が調和することで、楽に脳へ情報を送れます。

 

 また、見る意識によって行動や成果につながります。

 

 ピントを合わせる筋肉調節筋     網膜にピントが合うかどうか

  

 眼を動かす時に使う筋肉外眼筋    両眼の向きをそろえて、あらゆる方向に動かす

 

 この2種類の筋肉が過剰に緊張し合うことで、近視や乱視、眼精疲労や肩こりなどを引き起こします。また、自立神経のバランスが崩れたり血圧の変化が生じたり、眼の病気など(緑内障・網膜剥離など)症状につながることもあります。 

 

 

 

 

リラックスメガネ

 

ピントの調節や両眼をそろえるだけではなく、過去~現在~未来を推測し、眼の使い方や見方のアドバイスを行い、意識と心とつなげ「良い眼」へ導き、予防を行います。

 

一般的には、遠くや近くのものにピントが合いハッキリ見えるかを基準に作成します。それが大多数のお店です。なぜなら、ハッキリ見えることで一定の満足感が得られるからです。そして、脳が満足感(ハッキリ見える)を求めすぎると、身体からの信号(疲れるなど)を受け取る機能に異常が起こり、身体の反乱が起こります。それによって、様々な症状を招きます。

 

特に読み書きやパソコン、スマートフォンや携帯画面など、手元に近い距離を見続ける行為では、より一層緊張が増えていきます。そして、遠方の視力が良い人ほど、緊張が増えます(メガネやコンタクトなどで遠くがよく見えるように合している人は同じことです)。また、視力の良い人も近くが見やすい人も、両眼をそろえる外眼筋の緊張は増えます。

 

そのため、眼や身体の健康を守る道具として「リラックスメガネ」(当店造語)をお薦めしております。 

 

What's New

 

 

 予約優先制

 

 

  お気軽にご相談

 お問い合わせ下さい

 

 

  (電話)

 

 06-6710-5640

 

 

 

9月のお休み

 

   31日(水

    9

 

       6

 

     13

 

     20日(

 

    27日(

 

     16日(

 

     23日(水

 

   30日(水      

    定休日 水曜日

 

 

 

 

 

  SALE

 

 

 店内商品に限り

 

 特別価格にて

 

 販売

 

 

 

 

 

 ご迷惑おかけいたします。

 訂正変更しております。

 

18月 8日

 

 お盆休み 4日日間

 

 13日 日曜日から

 16日 水曜日まで

 

 9日

 水曜日 

 営業致します。

 

 

 

メガネのキタタニ

 

大阪市阿倍野区

天王寺町北3-12-3

 

 メガネ作成

 

ビジョントレーニング

 ・スポーツビジョン

 

大阪 阿倍野区 天王寺区

 

学習や運動能力向上・プリズム・斜視・斜位・視覚機能・不定愁訴

両眼視機能検査・視力低下・肩こり・頭痛・疲れ目・眼精疲労・ドライアイ・深視力など

 

検査時間 約60分程

(時間に余裕をもって

   ご来店ください)